U-labとは

こんにちは、学生団体U-labです。

U-labとは?

宇都宮デザインエンジニアラボ U-lab(読み方:うらぼ)は、デジタルとデザインを駆使して地域を盛り上げる学生団体です。最近はデザインやエンジニアリングにおける学生のイノベーションファームという形に近いかもしれません。

勉強できる分野はメンバーの扱っている分野に依存するので、その都度変化したりしますが現在はwebプログラミング・デザインとCGモデリング・3Dプリンターなのかなと感じています。

分野紹介① webプログラミング・デザイン

WebにおけるHPやwebサービスに対してデザイン・UI・UXを含めた開発を行なっています。新しいプラグインやツールの情報をslackなどのコミュニケーションツールと使って共有したり、毎週土曜日に行われるweb作業会突然webサイトを作ったりしています。

新型コロナによって人と人との繋がりに距離が生まれたことで、急速に需要が生まれ、最近のプロジェクトの多くはwebが大活躍しています。

分野紹介② CGモデリング

CGモデリングソフトのBlenderや統合ゲームエンジンのUnityなどを使ったCGモデリングとゲーム開発を主に行なっています。モデリングソフトは「触る機会が少ない」ということで毎週木曜日にCGモデリング会を行なっており、お題に沿ってモデリングをするようなことをしています。

最近だと宇都宮のCG会社に企業見学に行ったり、CGモデリングの技術を生かして仮想空間上に宇都宮大学を作ってキャンパスツアーを行なっていたりします。

分野紹介③ 3Dプリンター

U-labは宇都宮で唯一のメンバーで4台の3Dプリンターを持つ団体です。Thingiverseでおすすめの造形物を紹介したり、ロボットを作って各部分をプリンターで出力したりしています。3Dプリンターを使うことで自動的にCADも学べるのでおすすめです。

今後の製造業におけるAM(製造業だとAdditive Manufacturingというらしい)の重要性は高まっており、需要はますます高まっていきます。もし興味があれば3Dプリンター購入相談も随時開催中なのでお問い合わせください。

地域と繋がる学生の強み

地域と繋がる学生には、企業がビジネス的な面やリスク面でなかなか行えない事業やプロジェクトの事例を作ることができるという強みがあります。

もしあなたが地域において面白いプロジェクトや事業がある場合は、学生のうちに行うべきです。社会人になってからだとまずなかなか行うことができません。

逆に企業は学生がそう言ったなかなかできない事業やプロジェクトの前例を作ってもらえることで、その前例を盾にしてより実現性、継続性の高い仕組みを作ってくれる可能性も生まれます。

学生によって偏る地域と繋がる機会

とは言っても学生と地域が簡単に繋がれないのが、難しいところです。ですがちょっと繋がり方を覚えると驚くくらいどんどん繋がることができます。なのでそう言った、学生に地域との繋がりをゆっくりと浸透させていくのがU-labの役割であるとも感じています。

ざっくり分けるU-labの活動

①技術共有と技術向上

プログラミングやデザイン、CGモデリングなど様々な技術を向上するためにコミュニケーションツールであるslackやウェブサイトのブログ記述などを利用して情報共有を行なっています。

また毎週それぞれの日程で行われる作業会を通してメンバーの交流を行い、楽しく技術を身につける環境を目指しています。

②プロジェクトチーム

大学や地域で少し大きなプロジェクトを行いたいというのに対して、2ヶ月に1回のU-lab会などのイベントでメンバーを募りプロジェクトを行うことができます。

ちょっと大きなプロジェクト紹介

UU-Circles サークルビラ一覧サイト2021

UU-Circles を詳しく見る!

uu-yell

uu-yell を詳しく見る!

バーチャル宇都宮大学

バーチャル宇都宮大学を詳しく見る!

みやメシ.com (みやメシ応援隊webサイト)

みやメシ.comを詳しく見る!

サークルビラ一覧サイト2020

サークルビラ一覧サイト2020を詳しく見る!

SafetyPark

SafetyParkを詳しく見る!

各プロジェクト参加人数もバラバラで2人で行っているものもあれば、10人くらいで行っている活動もあり、その活動の規模と興味のある人の人数次第で自由になっています。

U-labに向いてる人

・デジタルに興味がある

・好奇心がある

U-labに興味を持ったら

U-labはいつでも部員募集中なので是非是非見学しにきて欲しいです!

その時は下の公式ラインを追加して連絡してください!