polyzomeで使用しているLinux, Gitコマンド一覧

polyzomeではコードの管理にGitHubを利用しています。

CUI初心者の私たちがGitHubを扱う際に使っているコマンドを備忘録的に共有していきたいと思います。

shellコマンド

pwd

カレントディレクトリの絶対パスを取得する

ls “ディレクトリ名”

ディレクトリ内のファイルやディレクトリ一覧を表示。ディレクトリ名を指定しないとカレントディレクトリに対して行う。

ls -a

隠しファイルを表示

cd “ディレクトリ名”

指定したディレクトリに移動。移動先を指定しないとホームディレクトリに移動

cat “ファイル名”

ファイルの中身を表示

less “ファイル名”

ファイルの中身を短く表示。終了するときはQを押す。

ps

現在進行中のプロセスを確認。

kill “プロセスID”

指定したプロセスを強制終了。主に、コマンド失敗後、ctrl+Cやctrl+Zが効かなくなった場合、psでプロセスIDを確認→killでプロセスIDを指定して強制終了。

code “ディレクトリ名”

指定したディレクトリをコードエディタ (vscode) で開く

Gitコマンド

git clone “リポジトリURL”

URL先のリポジトリを複製しローカルリポジトリに移動

git branch “ブランチ名”

指定したブランチ名で新しいブランチを作成。ブランチ名を指定しないとブランチの一覧と現在のブランチを表示

git remote -v

リモートリポジトリの名前とURLを表示

git push “リモートリポジトリ名” “ブランチ名”

指定したリポジトリの指定したブランチに変更を反映。リポジトリ名はoriginであることが多い。

git checkout “ブランチ名”

指定したブランチに移動